5年後の貸借対照表を作ってみよう! 第7回 〜5年後に1億円のキャッシュを作るには?〜

皆さま、こんにちは!NICE ONの四ケ所です。


昨日のブログでは、納税の予測までを貸借対照表に記載することで、経営に対する意識が変わっていくことをお伝え致しました。


昨日のブログは、こちらです。
5年後の貸借対照表を作ってみよう! 第6回 〜納税の意識は、利益の速度をガラッと変える〜

その中で、お金の問題に関しては、1年で解決するのは難しいのですが、5年あれば変えられるということを書かせて頂きました。


今日からは、5年後の貸借対照表をどのように作っていくのか、その方法について書いていこうと思います。


それでは、今日のブログです。



5年後に、1億円のキャッシュを作るには?

まず、2020年4月1日に、資本金1,000万円にて、NICE ON株式会社を設立したとします。


このときの貸借対照表は、下の図のようになりますね。





そして、この会社の経営者が、5年後には、何としても1億円のキャッシュを作りたいという野望を抱いていたとします。


このときの貸借対照表を、想い描くことができますでしょうか?


シンプルに、キャッシュが1億円というふうに考えてみて下さいね。


すると、貸借対照表の左側が次のように決まります。





貸借対照表は、バランスシートと言われるとおり、左側の合計と、右側の合計が一致(バランス)しなければなりません。


今のままでは、90のズレが出ていますよね。


つまり、右側が90増えなければなりません。


ぜひ、考えてみて下さいね。


お分かりになりましたでしょうか?


答えは、資本金の下に、【累積利益(正式名称は繰越利益剰余金)90】が記載されます。





この貸借対照表から、5年後に1億円のキャッシュを作りたければ、【9,000万円の利益】を出さなければいけないことが分かりますね。


【9,000万円の利益】を想像してみて下さい。


イメージできますか?


できなければ、下方修正が必要かもしれませんね!


ここでは、修正するかどうかは後回しにして、いったん、お話を先に進めさせて頂きます。


先ほどの貸借対照表を、もう一度、見てみて下さい。


これ、正しいでしょうか?


正しくないですよね?


もし、ピーンと来ない場合には、ぜひ、昨日のブログを読み直して頂けると嬉しいです。


なぜ、正しくないか?


未払法人税の記載が、負債にありませんよね。


9,000万円の利益が出たとすると、法人税率が40%として、3,600万円が納税になりますので、その記載がないといけません。





如何でしょうか?


このほうが正しそうですよね?


でも、私は、まだまだ正しいとは思いません。


これ、経営者の想いが、【正しく反映】されているのでしょうか?


例えば、法人税は、決算期末から2ヶ月後までに支払わなければなりません。


NICE ON株式会社が、3月決算の会社であれば、5月末日までに、3,600万円の法人税を支払わなければならないのです。


確かに、2025年の3月末には、1億円のキャッシュがNICE ON株式会社にありますが、すぐに、6,400万円に減ってしまいます。


つまり、税金を支払った後に残るキャッシュを1億円にしたいのか、支払う前に1億円にしたいのかで、目指す利益の額が異なるのです。


かりに、NICE ON株式会社の社長が、税金を支払ったあとに1億円が残る会社にしたいのであれば、貸借対照表は次のようになります。





これだと、6,000万円の税金を2ヶ月後に支払ったとしても、現金は、1億円残りますよね。


数字には、血が通わなければ意味がありません。


社長の想いが、魂が、数字に反映されていなければ、単なる数字あわせでしかありません。


5年後に、会社に何を残すのか?


単なる数字ではなく、意味のある数字で描きましょう。


9千万円の利益を目指しても、1億円のキャッシュは残りません。


1億5千万円の利益が出たときに、本当の意味で、キャッシュが1億円に到達するのです。


【5年後に気付く】のではなく、【5年前に気付く】経営に変えましょう!


明日は、この貸借対照表を、もっともっと現実に近づけていきたいと思います。


ぜひ、お付き合い下さいませ!


今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。


今後とも、どうぞ宜しくお願いします。


ブログ筋トレVol.281

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    四ケ所 秀樹(しかしょ・ひでき)
    NICE ON株式会社(ナイスオン) 代表取締役。

    「粗利最大化」と「粗利最速化」を信条に、1年後の利益幅を最大97.5倍にした他、直近では、300万円の利益だった企業の教育を担い、4年間で7,000万円の利益にまで引き上げた実績を持つ。

    MG開発者の(株)西研究所西順一郎氏、そして、(株)ソフトパワー研究所清水信博氏に師事し、企業の健康を司る【氣(社風)・血(お金)・水(業務フロー)】に関する社内研修を展開している。

    【これから100年を志す企業を、絶対に守り切る土台づくり】を使命とし、赤字スパイラルから黒字スパイラルへの思考のシフト、全体最適思考の経営を指導している。

    1974年佐賀生まれ。関西学院大学法学部卒。

    保有資格

    ■西研公認MGインストラクター
    ■SP研公認最上級TOCインストラクター(日本第1号資格取得者)
    ■STR認定コミュニケーションマスター(世界第1号資格取得者)
    ■TOC‐ICO国際認定 思考プロセスジョナ登録