• TOC学会(春大阪) で学んだこと

    皆さま、こんにちは!NICEONの四ケ所です。

    TOC学会の終了後に、会場近くの中華料理屋さんにて交流会でした。

    会費は4千円だったのですが、料理はとても美味しく、量もすごくて、コスパは最高だったように思います。

    また、参加メンバーとの交流が、料理の辛さ以上に熱かったですね〜

    お腹が空きすぎていたこともあり、写真は全く撮れていませんw

    あ、頂いた写真が1枚だけありましたが、ブログネタが1つ減りました…

    TOCとは?

    今回のTOC学会では、私を含めて、7名の事例発表がありました。

    参加者は、40名弱という会場いっぱいの人数でした。

    TOCとは、Theory of Constraintsの略で、直訳すると、制約条件の理論といいます。

    1984年に、イスラエル人の物理学者である、故エリヤフ・ゴールドラット氏が、ザ・ゴールという本にて紹介された理論になります。

    日本では、2001年に発売され、今では、そのコミック版も販売されていますので、分厚い小説は苦手・・という方は、このコミック版から読んでみてはいかがでしょうか?

    その内容につきまして、ぜひ、本を読んでみて下さい。目から鱗が落ちると思います!

    私は、このTOCを、インストラクターとして、広めていく志事もさせて頂いておりますが、次のような視点でお伝えしております。

    ・頑張れば頑張るほど、利益が増えるって本当でしょうか?

    ・原価を下げれば下げるほど、利益が増えるって本当でしょうか?

    ・効率を上げれば上げるほど、利益が増えるって本当でしょうか?

    どのように思われますか?

    このTOC研修を、各地で受講なさった皆さまが、自社で取り組んだ結果を発表するのが、TOC学会になります。

    つまり、事例発表会ということになりますね。

    事例発表は学びの宝庫

    やはり、事例発表会は、学びの宝庫です。

    仲間の発表ですし、生々しい現場の様子も分かりますし、【何とかしたい】という思いが伝わってきますので、どんどん感情移入してしまいます。

    いい会社を創りたい。

    社員さんの働きがいのある会社を創りたい。

    社員さんに幸せを感じてもらいたい。

    根底には、そんな想いがあって、現場で必死に頑張っておられるのだと、勇気を沢山いただきました。

    いかに自分が儲かるか?そのためにTOCの何が使えるか?という思考を、どなたの発表からも感じることはありませんでした。

    だからこそ、事例発表を聞いている私たちも、自然に【幸せな】気持ちになりますし、私たちもそうありたいと思うのだと感じました。

    発表者のお一人が、

    強い会社を創りたい。本当に優しい会社であるために・・

    と仰いました。

    涙がでそうな言葉でした。

    なぜなら、研修講師として、【本当に強い会社は、優しい】と、言い続けてきたからでした。

    シンクロした思いがして、心にズドーンと飛び込んできました。

    地元九州でも、事例発表会を開催しようと決意した瞬間でした。

    それぞれの発表から伝わってきたこと

    赤字だった企業が、2億5千万円の黒字を出す企業に生まれ変わった事例でした。

    因果関係の特定など、とてもレベルの高い発表でした。

    問題の本質に辿り着くからこそ、圧倒的な成果に繋がるのですね。

    また、社員さんに何ヶ月分の賞与を支払えるか?という指標が、とても参考になりました。

    最後に、その6年間の取り組みを思い出し、思わず流れた感動の涙。もらい泣きしてしまいました。



    確定申告時期における、税理士事務所の改善事例は、圧巻でした。

    しかし、やると決めれば、誰でもやれることでしたので、全国の税理士事務所が取り組まれると良いですね。

    もちろん、私の志事にも参考になりました。



    まさか、地元に近いお弁当屋さんの事例発表が聞けるとは・・。

    まず、改善するという執念を感じました。

    そして、やれることをコツコツと続けることの意味や価値。成果は、その先にしかないのだと感じました。

    弁当配達とタクシーの組み合わせ。柔軟な発想が素敵でした。



    全社員を巻き込みながら、何に取り組んできたのか。そして、その途中経過と社員さんの言葉。

    経営者として、何を大切にしているのかが、とても伝わってきました。

    優しい会社をつくりたいとの言葉。めちゃくちゃ心に飛び込んできました。

    ここからがスタートですね。明るい未来が想像できました。



    TOCとMGをやる農家が、日本中に増えるのが夢と語られました。

    部分最適ばかりになってしまっている現状を、全体を考えたら、今、何が出来るのか?を考えられる農家にしていきたい。

    自然とのたたかいなので、自然に左右されない【ゆとり】をいかに持てるか?という話は、壮大な自然を相手にでも、TOCの学びが有効であることを証明して下さいました。



    ブルーベリーとの苦闘。

    その辛さも伝わってきましたが、その苦闘を乗り越え、素晴らしい成果を出されたことに、まず、素直に感動しました。

    一番時間がかかる工程分しか、摘まない。

    何ともシンプルな改善ですが、成果は圧倒的でした。

    まずやってみよう!と取り組まれた、その素直さがとっても印象的でした。



    私の取り組みにつきましては、また、あらためて・・



    まとめ

    まとめの講義は、師匠である清水信博先生です。

    今回もまた、切れ味抜群な言葉が続きました。そこに、笑いまで含まれますので、本当にすごいの一言です。

    TOC学会のまとめの講義が、継続的改善の5ステップだったことに、【原点に帰れ】とのメッセージを受け取りました。

    理論理屈ではなく、常に現場で継続的改善の5ステップを繰り返すこと。

    まだまだ、まだまだ・・と思い続けること。

    まさに、経営者の覚悟ですよね。

    これでOKと思った瞬間に、すべての成長が止まるとの言葉に、背筋がピーンと伸びました。

    これからも、現場に寄り添い続ける人でありたいと、心から思いました。



    TOC学会の最後は、会場にての軽い交流会でした。事例発表後の熱気そのままに、熱い会話が繰り広げられておりました。



    2019年10月18日には、東京にて、第8回TOC学会が開催されます。TOCをご存じない方でも参加できますので、まずは、聞いてみては如何でしょうか?

    ブログ筋トレ中の文章を、最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました。

    今後とも、どうぞ宜しくお願いします。

    ブログ筋トレVol.12

2 Responsesso far.

  1. […] まさしく、清水式TOCで学んだトータルコストダウンそのものです。 […]

  2. […] この何だか難しそうなTOC理論について、とっても楽しく学べるのが、清水式TOCになります。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です