今年の12月に、スウェーデン視察研修に行きます!SDGs(グローバルゴールズ)を世界一推進する国を、共に体感しに行きませんか?

皆さま、こんにちは!NICE ONの四ケ所です。


昨日、2日間の研修を終えて、大阪から戻ってきました。


そして、今日から2日間は、博多にて研修です。


2卓12名という少人数での学び合いですので、場の皆さまの気持ちを感じながら、深めてまいりたいと思います。



SDGsの世界一、スウェーデンという国について

SDGs(エスディージーズ)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された【持続可能な開発のための2030アジェンダ】にて記載された、2016年から2030年までの国際目標です。


持続可能な世界を実現するための、17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。


SDGsは、発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。




実は、今年の2月に、このSDGsを体感するために、初めてスウェーデンに行ってきました。


そのとき、SDGsのことを、グローバルゴールズと表現する国も多いと聞きましたので、覚えておいた方が良いかもしれませんね。


実際に訪問した時の正直な感想は、2つありました。


1つは、この素晴らしさは、実際に体感しないと分からないということ。


そして、2つ目は、何回か訪れないと、具体的に何から始めればいいのかは分からないということです。


宜しければ、2月にスウェーデンに訪問したときのブログがありますので、ご覧下さいませ。


サスティナビリティ視察ツアー in スウェーデン 2019.0227


サスティナビリティ視察ツアー in スウェーデン 2019.0228


サスティナビリティ視察ツアー in スウェーデン 2019.0301


サスティナビリティ視察ツアー in スウェーデン 2019.0302


今、改めて読み返してみましたが、体感しているだけあって、分からないなりに何かを伝えようとしていますね。


【百聞は一見にしかず、百見は一験(体験)にしかず】ということだと思います。



サスティナビリティ視察ツアーinスウェーデン 2019冬

このツアーの企画は、株式会社ワンプラネット・カフェの社長である、エクベリ聡子さんにお願いしております。


その詳細が分かり次第、またブログにて報告させて頂きたいと思いますが、日程だけは、すでに決定しております。


行きは、日本時間の12月17日になってすぐの、午前2時(夜中)頃に羽田を出発して、スウェーデン時間の2019年12月17日、午前9時頃にストックホルムに到着します。


また、帰りは、スウェーデン時間の12月22日10時25分、LO454便にてストックホルムを出発して、日本時間の12月23日(月)に日本に到着します。


基本的には、現地集合・現地解散なので、参加者の皆さんで、集合時間と解散時間を合わせる感じで、飛行機は一緒だったり、別々だったりです。


すでに、8名は確定しておりますので、このツアーが人数不足で流れてしまうことはありません。


ぜひ、世界一SDGsが進んでいるスウェーデンを、一緒に体感しましょう!


考え方が、ガラッと変わる体験になると思いますよ!


今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。


今後とも、どうぞ宜しくお願いします。


ブログ筋トレVol.121

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

四ケ所 秀樹(しかしょ・ひでき)
NICE ON株式会社(ナイスオン) 代表取締役。

「粗利最大化」と「粗利最速化」を信条に、1年後の利益幅を最大97.5倍にした他、直近では、300万円の利益だった企業の教育を担い、4年間で7,000万円の利益にまで引き上げた実績を持つ。

MG開発者の(株)西研究所西順一郎氏、そして、(株)ソフトパワー研究所清水信博氏に師事し、企業の健康を司る【氣(社風)・血(お金)・水(業務フロー)】に関する社内研修を展開している。

【これから100年を志す企業を、絶対に守り切る土台づくり】を使命とし、赤字スパイラルから黒字スパイラルへの思考のシフト、全体最適思考の経営を指導している。

1974年佐賀生まれ。関西学院大学法学部卒。

保有資格

■西研公認MGインストラクター
■SP研公認最上級TOCインストラクター(日本第1号資格取得者)
■STR認定コミュニケーションマスター(世界第1号資格取得者)
■TOC‐ICO国際認定 思考プロセスジョナ登録