利益アップを目指すなら、少なくとも【8通り】のことを考えましょう!

皆さま、こんにちは!NICE ONの四ケ所です。


昨日のブログでは、1日1食と早起きの組み合わせが、1日の生産性を飛躍的に向上させることをお伝えさせて頂きました。


昨日のブログは、こちらです。
毎日4時48分に起きることが、習慣になりました! 〜1日1食と早起きのセットは、生産性を向上させるには最高の組み合わせ〜


そして、書きながらだったのですが、私がこれまで習慣にできたことの【法則】が1つ分かりましたw


それは、自分の中で、【より価値が高いと意味づけ】出来たものは、そのあとずっと継続しているということです。


昨日の話でいくならば、【早起きする】ことと【ゆっくり寝る】ことの、どちらに価値を感じるか?


ということなのですが、自分の中では、【吉数字】である4時48分に起きることの方が、ゆっくり寝ることよりも価値が高い!と思ったわけです。


今日も1日、良いことがある!


朝の目覚めから、こう思っているわけですから、【ワクワク目覚め】なのですw


変わっていますかね〜?


ぜひ、共感して下さると嬉しいです!


それでは、今日のブログです。



利益アップを目指すなら、少なくとも【8通り】のことを考えましょう!

まずは、今日のお話に入る前に、西研究所の西順一郎先生が考案された、【MQ会計】についてご存じない方は、ぜひ、こちらのブログを先にご覧下さいませ。


会社の数字は、5つの要素に分けて、シンプルに把握しよう!


その中に、MQ会計の5要素が出てきたと思います。





上の写真をご覧頂くと分かりますが、その5要素とは、PVQFGのことでしたよね。


OKでしょうか?


それでは、今日の本題です。


今、皆さまの会社は、利益が出ていますか?


出ていないとするならば、何を考え、どういう手を打っておられますか?


もし仮に、何をやって良いのか分からず、とにかく頑張っている・・


という方は、ぜひ、これから先を読んで頂きたいです!


先ほどのMQ会計の5要素【PVQFG】のうち、Gが利益を表しています。
*GainのG


つまり、利益をアップさせるということは、このGをアップさせるということになります。


では、Gをアップさせるにどうしたら良いのか?


今日は、その考え方をお伝えさせて頂きますね。


大切なことは、利益Gは、たった4つの要素で出来ているということを認識することです。


その4つとは何か?


それは、先ほどのMQ会計の5要素のうち、G以外の4つです。


売価であるP、原価であるV、数量であるQ、固定費であるF。


利益の計算に関わるものは、この4つしかありません。


つまり、利益をアップさせるには、まずは、この4つの要素をどうするか?について考えなければならないのです。


とにかく頑張る!では、この先、経営が行き詰まっていくのが目に見えていますよね・・



とにかく頑張る!という経営からの脱出!

もし、そういう経営になってしまっているのであれば、一刻も早く、その状態から脱出しましょう。





売価であるPは、どうしますか?
値上げしますか?それとも、値下げをしますか?


原価であるVは、どうしますか?
安い材料にしますか?それとも、逆に、高くてももっと良いものを仕入れますか?


販売数量であるQは、どうしますか?
大量販売を目指しますか?それとも、数量を減らしてでも地域密着にしますか?


固定であるFは、どうしますか?
兎にも角にも節約しますか?それとも、自社の強みを際立たせるために、もっと使いますか?


如何でしょうか?


とにかく頑張る!の前に・・


少なくとも、8通りのことを考えることができますよね。


その組み合わせでいくのであれば、もっともっと考えられます。


そして、これらは、数字ですので、それが上手くいった時の利益Gは、いつでも計算できるのです。


この計算方法につきましては、冒頭でご紹介させて頂いたブログを確認なさって下さいね。


このコロナ禍。


厳しい状況の方も、もちろん多くいらっしゃることと思いますが、今だけに限らず、創意工夫は必要です。


私も日々、ナイスオンの経営を考えています。


ぜひ、共に、この難局を乗り越えましょうね!


今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂きまして、誠にありがとうございました。


今後とも、どうぞ宜しくお願いします。


ブログ筋トレVol.449-1


yonde

四ケ所秀樹が超絶にお勧めする学習会などの情報はこちら!

素の會
命を知る
↓ 【LINE】こちらからNICEONのお得な情報配信中!↓
↓ You Tubeチャンネルはじめました↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

四ケ所 秀樹(しかしょ・ひでき)
NICE ON株式会社(ナイスオン) 代表取締役。

「粗利最大化」と「粗利最速化」を信条に、1年後の利益幅を最大97.5倍にした他、直近では、300万円の利益だった企業の教育を担い、4年間で7,000万円の利益にまで引き上げた実績を持つ。

MG開発者の(株)西研究所西順一郎氏、そして、(株)ソフトパワー研究所清水信博氏に師事し、企業の健康を司る【氣(社風)・血(お金)・水(業務フロー)】に関する社内研修を展開している。

【これから100年を志す企業を、絶対に守り切る土台づくり】を使命とし、赤字スパイラルから黒字スパイラルへの思考のシフト、全体最適思考の経営を指導している。

1974年佐賀生まれ。関西学院大学法学部卒。

保有資格

■西研公認MGインストラクター
■SP研公認最上級TOCインストラクター(日本第1号資格取得者)
■STR認定コミュニケーションマスター(世界第1号資格取得者)
■TOC‐ICO国際認定 思考プロセスジョナ登録